Top


Royal Glory Collection

Loading video ...


Top

Royal Glory Collection

Essential Looks 2021SS

美しい色調と世界をあっと言わせる処方で、今年はより一層カラーに迫る。
普遍的な精神と、今の世界のこころの状態を掘り下げて発見したのが、ノスタルジア・インスピレーション・新しさを掛け合わせた三つのトレンド。

「Magical Whimsy」は、ファッションの世界で厳しい変化の時には必ず現れるソフトフォーカスのビクトリア調に、現代的なアレンジを加えたスタイル。

「Back To Classics」は、過去を認めつつ未来へ目を向け、エレガンスや古典主義への懐古を現代風に体現。

「Artful Feeling」は職人の美意識にアンテナを立て、唯一無二の気風を伝える。

日常から逃れられない今だからこそ、カラーのもつ変革の力を讃えよう。


Magical Whimsy
Top

Trend 1: Magical Whimsy

魔法の気まぐれ

 

奇想天外なコントラストや普通ではありえないプロポーション、ドラマチックなシルエットなどに宿る気まぐれ。
舞台衣装をほうふつとさせるが、その新鮮かつモダンな精神は決して後ろを振り向かず常に前を向いている。
ビンテージなフォルムに、エッジーなカット、クールなブロンドカラーがアクセント。
派手で、パワフルで、完全無欠な不完全さがひねりを効かせている。


Back to Classics
Top

Trend 2: Back to Classics

バック・トゥ・クラシック

 

ランウェイでは、古典主義にルーツを持ち、シンプルで凛とした身のこなしとモダニズムをこよなく愛する「#新しい女性らしさ」が存在感を増している。
ディオールの伝説的なNew Lookに端を発する流れに今日的な解釈を加えると、さりげない自信が見えてくる。エフォートレスなのにきちんと整い、堂々とした佇まい。美しくカットされつやつやの陰影あるオンブルの髪が、ソフトナチュラルや贅沢なチョコレート色に輝く。


Artful Feeling
Top

Trend 3: Artful Feeling

アートフル・フィーリング

 

クリエイティビティを前面に出し、手細工やインクを用いた技術。テクスチャーや装飾性を強調し、フリースタイルで夢のように抽象的な精神で職人を讃える。
大量生産品よりも一点モノが、そして、機械よりも人の手が選ばれる。主役は個人と自己表現。
ヘアについては、柔らかに移ろう赤やゴールド、ベージュの色調の中に、豊かなカールやボリュームがみられる。