Top


terra

Q&A

テラ

Top

【Q1】カラーにクレイを入れることのベネフィットは?

 

【A1】これまでのヘアカラーではペーパーを貼らないとカラーを浸透させられなかった生え際や頭頂部の毛1本にもしっかり密着し、髪1本1本の染まり残しやムラが少ないことです。また、クレイが持つ密着性で天然由来の保湿成分やオイル成分がよく浸透するので、既染部は毛先までなめらかで艶やかな仕上がりも特徴です。自然界の物質なので環境にもやさしい素材になります。


Top

【Q2】施術の際、一番注意する点は?

 

【A2】既染部塗布の前にハイドレーターで髪を湿らせ、乾かさずにカラーを塗布する点です。特に長い髪の方は十分湿らせてください。ハイドレーターはカラー剤の使用量を軽減しながら色持ち、色ノリの向上を叶えます。ハイドレーターなしでも塗布できないことはないですが、クレイ独自の粘性がありますので、クリームの伸びが悪くなり使用量増加の懸念があり、コームスルーもしにくくなります。新生部は逆に、クレイの粘性を活かすためハイドレーターなしのドライ塗布を推奨します。


Top

【Q3】ハイドレーターの代わりに水でも問題ないですか?

 

【A3】塗布時の伸びやコームスルーに関しては問題はありませんが、新生部は湿っていない方が好ましいので、新生部塗布後にスプレイヤーで既染部のみを湿らせてください。手触り、色の再現性、色持ちは水よりハイドレーター使用の方が向上します。


Top

【Q4】皮膚染着の懸念はどうですか?

 

【A4】クリームの密着性の高さから皮膚染着が高いイメージを持たれますが、実際は通常のヘアカラーと同等です。頭皮や皮膚についたカラーは通常のリムーバーで除去頂けます。


Top

【Q5】クレイ配合だと使用量がかなり増えるイメージがあります。

 

【A5】実際増えることはなく、弊社他ブランドと新生部使用量は変わらないこと、既染部使用量は削減できることが検証されています。クレイ配合でも各種自然由来の保湿成分やオイル成分を贅沢に配合していますので、クリームの伸びは想像以上に良いかと思います。但し、既染部塗布の前にハイドレーター(又は水)塗布を忘れると増えてしまうこともありますのでご注意下さい。


Top

【Q6】薬剤を洗い流すのに通常のカラーより時間がかかりますか?

 

【A6】クレイ配合でも水となじませて頂くことで(乳化することで)、流洗は通常のカラーと同等の感覚で行えます。


Top

【Q7】スキャルププロテクターを使用しないと頭皮刺激は強いのですか?

 

【A7】強いということはありませんが、スキャルププロテクターを使用した方が刺激は削減されますので、特に敏感な方にご使用をお勧めしています。


Top

【Q8】クレイを配合だと塗布の際髪を傷つけませんか?

 

【A8】ザラザラしたイメージのあるクレイですが、粒子はかなり細かい物質になります。ガイドにしたがってご使用頂く限り、髪を傷つけるということはありません。


製品情報

製品情報

テラの製品情報

神秘のクレイ

神秘のクレイ

植物のやさしさや彩を、力強く浸透させる大地の恵み

製品特徴

製品特徴

テラの特徴(高浸透、やさしさの追求、高密着、1剤の特徴)

使用方法

使用方法

テラの使用方法

カラーワールド

カラーワールド

テラのカラーワールドとカラーチャート