Shaping Futures メッセージ

最も美しい冒険とは、他者との出会いである

NPO法人国境なき子どもたち(KnK)事務局長「ドミニク・レギュイエ氏」からのメッセージ

NPO法人国境なき子どもたち(KnK)事務局長「ドミニク・レギュイエ氏」

 

最も美しい冒険とは、他者との出会いである。

 

国境なき子どもたち(KnK)は、こうした考えのもと、日々の活動を行っています。他者とは、年齢や住まう国、思想信条の相違に関わらず、みな私たち自身と同じ人間であり、同じ地球に生きる仲間だからです。

 

また、全ての出会いとは、分かち合うことだとKnKは考えています。微笑みや友情を分かち合い、時間を分かち合い、時には経験や能力を分かち合うことでもあります。そして、これらの分かち合いの一瞬一瞬が、双方にとって生きていくうえで欠かすことのできない大切な瞬間であるといえるでしょう。

 

職業訓練ワークショップは、この分かち合いを体現する一つの形でもあります。なぜならば、プロフェッショナルな人々の専門性を分かち合い、指導者、研修生それぞれが尊重し合い、未知のものへの好奇心を分かち合う場だからです。

 

この度、カンボジア、バッタンバンの若者の家にて、美容技術訓練の指導にあたってくださいました、田中英里さん、藤井裕士さん、ならびに企画運営にお心を砕いてくださった御社の皆さまに厚く御礼申し上げます。皆さまと共に歩み、皆さまと同じ希望を分かち合うことができましたことを心から感謝しております。

 

2009年6月22日

特定非営利活動法人国境なき子どもたち(KnK)

column