Shaping Futures メッセージ

はさみで心を繋ぐということ

NPO法人国境なき子どもたち(KnK)会長 寺田朗子氏からのメッセージ

NPO法人国境なき子どもたち(KnK)

「夢はさみ」って何?
 
カンボジアはご存知ですね。アンコールワットなどで有名な国ですが、近年の歴史の中で不幸な時代がありました。そしてその中から立ち直り、今は一歩ずつ前へと進んでいます。
 
NPO法人「国境なき子どもたち(KnK)」はこの国のバッタンバンという町で、辛い過去を持った若者たちが同じような仲間と共に暮らしている「若者の家」があります。彼らが自分の将来に夢をもって大きくなれるようにと手助けをしています。その家に住み、学校に行って学ぶチャンスを手に入れた若者たちは、自立の道を求めていきます。絹織りを習ったり、洋裁を覚えたり、車の修理などを学んだり、あるいは大学に進んだりします。そしてその夢の一つに「はさみを手にした美容師」の姿もあるのです。
 
髪の手入れはどこへ行っても大切なことです。特に女性にとってはヘアスタイルで心が軽くなることなんていくらでもあることですよね。鏡とシャンプー台など必要な道具を揃えて自分の家で美容室を開くことができるのです。
 
この自立のために手を差し伸べてくださっているのが「未来をつなぐ夢はさみ」に関わってくださる方々なのです。素晴らしい技術と能力をカンボジアの若者とシェアして、手を引いて導いてくれる先輩、その存在は大きな意味があります。教えてもらえること、一緒の時を共有できること、すてきな大切なこの経験はどちらにとっても「出会いは宝物」ということそのものではないでしょうか?
 
「はさみで心を繋ぐ」というのは、こういう意味だと思っています。どうぞ、たくさんの心がつながりますように。
 
 
NPO法人国境なき子どもたち 会長
寺田 朗子