Please allow cookies
NSウォータリング

「もうパサつかない」

NS ウォータリング テクノロジー

1.水を長くとどめるメカニズム

 

お客様がパーマをしない理由は「パサつく」から。ウォータリングテクノロジーなら、髪に水を長くとどめることができるので、パサつきやゴワつきがありません。

 

NSウォータリングでは、ケラチンとコラーゲンが、水を抱え込んでゲル化。水を長くとどめ、うるおいが続きます。

塗布前の状態

NSウォータリング施術前の毛髪の状態。毛髪内のマトリックスに多くのダメージホールが存在している。

ステップ0. 補修する

NSWリペア塗布

ダメージホールにケラチンとコラーゲンが入り込んで補修。1剤とウォータリングテクノロジーが働くベースを整える。

 

パーマプロセス:NSW リペアがダメージを補修

ステップ1. 埋め尽くす

1剤塗布

アルカリの働きで髪が膨潤。広がったダメージホールに、1剤に配合されたケラチンとコラーゲンが更に入り込み、ダメージホールを隙間なく埋め尽くす。

 

パーマプロセス:シスチン結合を切断

ステップ2. 長くとどめる

2剤塗布

2剤塗布後、過酸化水素が分解し水がつくられる。pHの働きで髪が収れんし、つくられた水を抱え込んでケラチンとコラーゲンが凝縮しながらゲル化。髪の内部に長くとどまる。

 

パーマプロセス:シスチン結合を復元

フィニッシュ