応募要項

2018 Generation Next ご応募について

エントリーシートは、下記よりダウンロードいただくか、弊社担当営業またはお取引代理店様へお問い合わせの上、ご入手いただきますようお願いします。

エントリーシート (PDF 1.2MB)



エントリーシートの送り先/お問い合わせ先:

〒140-0002
東京都品川区東品川 2-2-8 スフィアタワー天王洲 15F ASK Academy TOKYO「Generation Next」係
TEL 03-6846-3070
(土・日・祝日を除く 10:00~12:00/13:00~17:00)

応募期間

 

2017年9月1日(金)~12月12日(火)まで

※12月12日必着

応募資格

 

1. 現在、日本のサロンに所属している日本国籍または永住権を有する美容師(美容師免許保有者)

2. 2017年12月12日現在40歳以下で、スタイリスト経験5年以上の方


3. シュワルツコフが提供する“ Generation Next" のすべてのトレーニングプログラムに参加できる方

4. 最終選考の通過から1年以内に所属する店舗においてシュワルツコフ製品サロン内シェア50%、または10万円/月以上のご購入にオーナー様が同意いただける方
Generation Nextメンバーとなった場合、将来シュワルツコフのアンバサダーとして活躍して頂くため、 シュワルツコフ主要製品とシュワルツコフが提供するサービスを熟知して頂く必要があります

 

5. 上記の3、4、の条件に対してオーナー様の同意が得られ、同意書の提出が可能な方

応募要項

 

■本人が制作した2点の作品の写真をエントリーシートに貼付し提出する。

 

1) クラシックスタイル[ウィッグ](ボブスタイル、レイヤースタイル、グラデーションスタイルの3つから1つを選択して下さい)

 

2) クリエイティブスタイル[モデル](トレンドをベースにしたクリエイティブスタイル)

 

※すべてのスタイルにカラーの施術が必要です。

 

■クラシックスタイルは、ウィッグにカット、カラー、スタイリング施術を行った写真を貼付し提出する。

 

■すべての施術(カット、カラー、パーマ、スタイリング)は応募者本人が単独で担当する。

 

※メーキャップは別

 

■応募作品は、未発表のオリジナル作品とし、他のコンテスト等に応募したものは審査対象外となります。   

 

■写真は2Lサイズのカラープリントを提出する。

 

■写真のイメージや、ヘアカラー、ヘアデザインが大きく変わるCG加工は不可とする。

 

■クラシックスタイルは、ヘアデザイン全体が見える正面とサイドの写真を提出する。

 

■クリエイティブスタイルは、ヘアデザイン全体が見えるバストアップの写真を提出する。

 

■モデルは、女性でプロアマいずれも可。

 

■1次選考と最終選考のモデルは、違うデザインが創れる髪の状態の方ならば同じモデルでも可。

 

■ヘアウィッグ、ヘアピース、エクステンション、ヘアアクセサリー等の使用は不可とする。

 

■プロのフォトグラファー、メーキャップアーティスト、ファッションスタイリストの使用は可。

 

■モデル、フォトグラファー、メーキャップアーティスト、ファッションスタイリストから作品応募に関する同意を取得した上でご応募ください。

 

※応募作品の版権はヘンケルジャパン株式会社に帰属するものとする。

 

■提出された写真は、返却できませんので予めご了承ください。

ウィッグフォト

 

クラシックスタイル

 

下記3スタイルからひとつを選んでご応募ください。

 

〈ボブスタイル〉
ブラントでカットされた段の無い直線的なラインを作ったスタイル。
シャープでエッジーなライン、Aライン、前上がり、前下がりは自由に表現。レングスは自由に設定してください。

〈グラデーションスタイル〉
ブラントで力ットされたラインの重なりによる構築的なスタイル。
骨格に基づいた緻密な段で構成されるグラデーションボブやファイブポイントボブなど、レングスは自由に設定してください。

〈レイヤースタイル〉
ブラントでカットされた点の集まりによって構成された動きのあるスタイル。

作りこんでいない様に見えながら頭の丸みをキレイに表現。カットラインを残したショート、ミディアムなど、レングスは自由に設定してください。

※カラー施術はカットデザインを活かすカラーリングをしてください。

※ラインが消えない程度のセニングシザ一、ポイントカットは可。

モデルフォト

 

〈クリエイティブスタイル〉
今のトレンドと、ご自身のクリエイティビティを融合させたデザインを創作してください。レングスもラインもフォルムもカラーもテクスチャーも自由です。独創的かつ創造的で、エッジーなデザインを期待します。

トレンド情報 - Essential Looks -

 

Generation Next 2017 ファイナルステージ