Please allow cookies
選考について

アイロンスタイルトレーニング(宮村浩気氏) レポート

Generation Next

開催日:2019年6月24日(月)
場所:ASK Academy TOKYO

190624_1

朝倉遼(Oshama cinq 5)
宮村浩気先生のフィニッシュワークのトレーニングを受けました。
内容はコテを使ったスタイリングでしたが、ステージでの魅せ方、女性を美しく魅せるバランスなど他のセミナーでは教えて貰えないことをジェネレーションネクストを通じて特別に教わる事ができました。
顔周りの繊細な作り込み方は特に勉強になり、ステージやセミナーでのフィニッシュワークでモデルを素敵に仕上げるこだわりをインプットすることができ今後の活動にすぐに活用できるものでした。
今回のトレーニングを活かしフィニッシュワークの発信をしていきます。
ありがとうございました。

190624_4

西野栞(MODE K’s 宝塚店)
今回宮村先生のトレーニングで昨年の内容からステップアップした巻きとくずしを習いました。
昨年習ったドライヤーでのベース作りやアイロンワークでの熱の当て方をいかしスタイルを作っていきますが、宮村先生の展示するスタイルに近づけるように作っても並べると、当たり前ですが宮村先生の作ったスタイルは一目瞭然で、カール感や落ちる位置など左右対称ではないのにバランスがとれていてやはり芸術だなと思いました。
美容師はお客様へのスタイルの似合わせも大切ですが、お客様の求めるスタイルの再現性の高さも大切なので、まずは宮村先生のスタイルをコピー出来るようにレッスンし、自分の色もプラスして自分の技にしていきます。
毎日のサロンワークでもマンネリせず、1人1人のお客様を可愛く綺麗にして帰せるよう細かな部分までこだわりを追求していきます。

190624_3

森田よしひろ(uka 東京ミッドタウン)
今回はGN最後の宮村さんアイロントレーニングでした。
技術ではただ巻き込むだけでなく、いかにイメージ通りのカーブを描けるかでウェーブ表現のクオリティが変わることを教えていただきました。
頭のイメージと実際に手で表現することがシンクロさせるのは非常に難易度が高かったです。
また美容師としての心構えをお話していただける機会もありました。
女性を相手にしているのだから女性の目線になって仕事をしなきゃいけないとおっしゃっていて、
気遣いの重要性をお話していただきました。
男性美容師は特に技術にばかり目がいって、目の前の女性をちゃんと可愛く仕上げてあげることができてないとおっしゃっていて本当に共感致しました。
女性を素敵にして幸せになってもらうためのフィニッシングの大切さを宮村さんに教えていただきました。
ありがとうございました